「血液検査をもっと手軽に、もっと身近に」Lifee(ライフィー)微量血液検査サービス

【生活習慣病13項目】

販売価格

9,800円(税込)

代表的な糖尿病や動脈硬化リスク、たんぱく質の量、 肝臓・腎臓機能の状態などの生活習慣病リスクを評価します。

※料金には採血キット、検査費用、往復の送料が含まれています。

「生活習慣病13項目」採血キットでわかること

この商品では、代表的な糖尿病や動脈硬化リスク、たんぱく質の量、肝臓・腎臓機能の状態などの生活習慣病リスクを評価します。

「生活習慣病」と関連疾患について

生活習慣病とは、環境的要因と、食事や運動、喫煙、飲酒、ストレスなどの生活習慣が発症の原因となる疾患の総称です。
例えば、生活習慣の乱れでは、糖尿病、肥満症、高脂血症、高血圧症、大腸がん、歯周病などが発症しやすいとされています。
また、運動不足では糖尿病、肥満症、高脂血症、高血圧症などが発症しやすいとされています。
そして、これらの生活習慣病が進行すると、心筋梗塞や脳卒中などの循環器疾患に発展するリスクが高まるため、定期的に検査する事は重要となります。

検査項目

  • ○総蛋白(TP)…肝機能や腎機能の異常を調べます。
  • ○アルブミン(ALB)…体の栄養状態などを調べます。
  • ○AST…肝機能や心機能などの異常を調べます。
  • ○ALT…肝機能、特に肝細胞の変性などを調べます。
  • ○γ-GTP…肝機能、特にアルコール性肝障害を調べます。
  • ○総コレステロール(TC)…動脈硬化などのリスクを調べます。
  • ○中性脂肪(TG)…脂肪肝、動脈硬化などのリスクを調べます。
  • ○HDL-コレステロール(HDL-C)…LDL-コレステロールと組み合わせて動脈硬化のリスクを調べます。
  • ○LDL-コレステロール(LDL-C)…動脈硬化のリスクを調べます。
  • ○尿素窒素(BUN)…腎機能の異常を調べます。
  • ○クレアチニン(CRE)…腎機能などの異常を調べます。
  • ○尿酸(UA)…痛風のリスクを調べます。
  • ○HbA1c(NGSP)…過去1~2ケ月の平均的な血糖値で糖尿病のリスクを調べます。
  • (※生活習慣病13項目の判定区分は人間ドック学会の判定区分(2018年4月1日改訂)をもとにしています。)

血液検査の流れ

MBS微量採血キットの使い方

MBS微量採血キットについて

MBS微量採血キット【医療機器認証番号:229ABBZX00046000】

キットには(株)マイクロブラッドサイエンスが独自に開発したMBSキャピラリーを含む、 自己採血に必要な物がワンパッケージ化されています。

内容物
「MBSキャピラリー」(※)、「ランセット」「指シール」「絆創膏」「消毒布」「操作説明書」

※最新技術を用いたMBSキャピラリーは、血球を破損せずに血液を採取することを可能にしました。
MBSキャピラリーで得られた良質な検体は、医療機関で受ける血液検査と同等レベルの精度を実現しています。

検査結果の見方

検査結果はLifeeアプリで確認できます。
※このサービスのご利用にはスマートフォンが必須です(Android/iOS)

【生活習慣病13項目】

販売価格

9,800円(税込)

代表的な糖尿病や動脈硬化リスク、たんぱく質の量、 肝臓・腎臓機能の状態などの生活習慣病リスクを評価します。

※料金には採血キット、検査費用、往復の送料が含まれています。

よくある質問