「血液検査をもっと手軽に、もっと身近に」Lifee(ライフィー)微量血液検査サービス

Q.血液検査で肝がんの早期発見はできますか?

2022.3.8

ここでは、血液検査をすることで肝がんに関わる何を検査しているのかご説明します。また、肝がんの概要や発見するために行われる検査についてもご説明します。

血液検査で肝がんの早期発見はできるのか?

血液検査では腫瘍マーカーと呼ばれるものを調べる事で、肝がんの可能性を調べることができます。

腫瘍マーカーは、がんになった時に増えるタンパク質などの事を指しており、その量を調べる事によって、がんの可能性を調べることができます。しかしながら、肝がんのサイズが小さい場合には腫瘍マーカーの値が高くならないことなどもあり、血液検査だけではがんであることを、早期発見する事は難しくなります。

自宅でできる肝がんの血液検査(スクリーニング検査)

腫瘍マーカーの検査については、人間ドックや健康診断でも受診が可能です。

その他、弊社が販売している『MBS微量採血キット【男性がん4項目】』でも肝がんの腫瘍マーカーであるAFPの検査が可能です。

こちらは同梱された採血用器具を用いて、ご自身で血液採取を行っていただくものとなっています。その後、血液を検査所へ送付(郵送)していただくことで、検査結果をスマートフォンで受け取れるサービスになっています。

腫瘍マーカーとは

腫瘍マーカーとは、がんになった時に増えるタンパク質などの物質の事を指しており、その量を調べる事によって、がんの可能性を調べます。腫瘍マーカーの種類によっては、血液のほかに尿などを用いる事もあります。

また、肝がんで使用される腫瘍マーカーとしては次の3つがあります

AFP

AFPはアルファ・フェトプロテインの略で、妊娠中早期の胎児の肝臓で作られるタンパク質です。健康な方の血液にはほとんど存在せず、肝炎や肝がんで上昇することが知られています。

PIVKA-II

PIVKA-IIは、肝がんやビタミンKの吸収障害で増加する異常なたんぱく質です。健康な方の血液には存在せず、肝障害や肝がんなどの時に血液中に現れます。

AFP-L3分画

先に説明したAFPの中のAFP-L3%と呼ばれる分画で、AFPよりさらに特異性のある腫瘍マーカーです。

このような腫瘍マーカーの測定値を確認する事で、肝がんである可能性を調べる事ができます。

しかしながら先にお話ししたように、がんのサイズが小さい場合には数値があがらないことや、がん以外の場合でも上昇することがあるため、血液検査(腫瘍マーカー)だけでは肝がんであると診断することはできません。

肝がんの概要

肝臓は、腹部の右上に存在する体内で最大の臓器です。主な役割としては、体に必要なタンパクの合成や栄養貯蔵、有害物質(体内で作られたものや体外から摂取したもの)の解毒や分解、消化に必要な胆汁の合成や分泌を行っています。

その肝臓の細胞が、がん化して悪性腫瘍となることを肝がんと呼びます。

また、肝臓内を通る胆管ががん化したものについては『肝内胆管がん』と呼ばれ、治療法が異なるために区別されています。本記事においては、肝がんについてご説明していきます。

症状

肝がんの初期においては、その多くは自覚症状がほとんどないために、『沈黙の臓器』と呼ばれています。

がんの状態が進行した場合には、慢性肝炎や肝硬変を伴う症状が現れてきます。具体的には、腹部のしこりや圧迫感、痛みなどを訴えます。また、さらに進行した場合には、肝不全の症状(黄疸や腹水、むくみなど)が起こります。

また、がんの転移が行った場合には、転移先の部位によって現れる症状が変わってきます。

関連疾患:肝脂肪

脂肪肝は、肝細胞内に脂質(中性脂肪を主とする)糖質が蓄積した状態のことです。肝細胞の30%以上に脂肪が蓄積している場合には、脂肪肝と診断されます。

また、脂肪肝には2種類あり、それぞれ『アルコール性脂肪肝』と『非アルコール性脂肪肝』と呼ばれています。

アルコール性脂肪肝は、その名の通りアルコールが原因の脂肪肝を指します。通常アルコールは肝臓で解毒されて排出されていますが、その過程で肝臓の働きに異常が生じて、肝臓中に脂肪がたまっていくことで起こります。また、アルコールが原因で炎症が起こった状態は『アルコール性脂肪性肝炎(ASH)』と呼ばれ、肝硬変の前段階となります。

また、アルコールが原因でないものは非アルコール性脂肪肝と呼ばれ、こちらは肥満や糖尿病などによるインスリンの働き低下が影響して、肝臓に脂肪がたまっていくことで起こります。進行すると、肝硬変や肝がんにつながる『非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)』になる可能性があります。

関連疾患:肝硬変

肝硬変は、肝炎肝臓内に線維組織が増える事で、肝臓が硬くなる疾患です。肝炎ウイルス(B型・C型)感染や、飲酒などによる慢性肝炎によって、肝細胞が破壊と修復を繰り返すことによって、肝臓内の線維化が進むことで起こります。

肝硬変になると、肝機能が低下し黄疸や腹水・浮腫といった症状が現れます。

肝がんの検査とは?

肝がんの検査については、次のような検査が行われます。

血液(腫瘍マーカー)検査

先にご紹介したとおり、血液中に含まれる腫瘍マーカーを調べる検査で、主な腫瘍マーカーは『AFP』『PIVKA-II』『AFP-L3分画』です。

しかしながら、いずれも検出されない場合もあります。また肝炎や肝硬変の場合や、他のがんであった場合に検出されることもあるため、腫瘍マーカーだけではなく画像診断も同時に行われます。

超音波(エコー)検査

体の表面から超音波をあてて、臓器から反射する超音波の様子を画像で観察する検査です。がんの大きさや位置、広がりといった状態を確認します。

また、がんのある場所によっては、造影剤を注射する場合もあります。

画像診断

CTとMRIを用いて、体内の状態を画像で調べる検査です。がんの性質や他臓器への転移や広がりなどを調べるために行いますが、肝がんの検査においては、造影剤を用いながらCTでの検査が一般的とされています。

*CT :コンピューター断層撮影法『computed(computerized) tomography』の略
*MRI:磁気共鳴画像『magnetic resonance imaging』の略

定期的な血液検査で肝がん早期発見の手助に

ここまでご説明しました通り、血液検査(腫瘍マーカー)の検査だけでは、肝がんを早期発見することは難しいのが現状です。

しかしながら、定期的に血液検査(腫瘍マーカーの検査)を行い、普段からその値を把握しておくことで、肝臓に何らかの異常が起こった時にいち早く気づくことが可能となります。

既にご紹介しましたが、弊社の『MBS微量採血キット【男性がん4項目】』でも腫瘍マーカー(AFP)検査が可能ですので、定期的な検査を行う際には是非、ご利用ください。